スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かあくんに会ってきました。

9年前、職場の昼休みに花見がてら
池袋の公園でランチしていた時、

根元から折れて垂れ下がった下クチバシから
血をボタボタ垂らしながら、
私の足元に降りてきたカラス

それが、かあくんでした。

以来、毎日のように昼休みにかあくんに会いにいったけど、
転職してからは、自宅も職場も公園からはかなり遠く、
週末しか行けなくなり、

さらに、ここ1~2年は、
自分の事情でイッパイイッパイになり、
公園からは足が遠のき、

たまに昼間、電車に乗って公園に行き、
かあくんの名前を呼んでも、

その姿を目にすることはありませんでした。


下嘴がないので捕食は困難だろうし、

年齢も重ねているし、

力尽きてしまったのだろうと、諦めていました。


けれど、7月12日に、Miyukiさんが
かあくんが元気で生きている旨、連絡して下さいました。

彼女も以前から、下嘴のないカラスのことを気にかけておられ、
ネットで検索された結果、私のブログに遭遇されたそうです。

それからすぐに私は公園に駆けつけ、
13日にも14日にも、かあくんに会うことができました。

20130804 023b
(7/13撮影 クリックで拡大します)


そして、今日も、正午に公園に到着し、
2時半ごろまで、樹上のかあくんの姿を眺めて過ごすことが出来ました。

一度、公園中央の樹へと、かあくんを誘導すると、
(そこには人が少ないので、食べ物を与えやすい)

私を追って移動してきたかあくんを、
激しく攻撃するカラスが現れました。

かあくんは慌てて、再び、道路側の樹に戻りました。

先日もやはり、
かあくんに襲いかかるカラスを目にしました。

縄張り争いなのか、
それとも、
かあくんだけが人から食べ物を貰えることへの恨みなのか…


そのせいなのか、先日同様、今日も、
かあくんが樹から降りることは殆どなく、
準備した食べ物も、かあくんの口には2欠片程度しか
収まりませんでした。

かつては、地面をぴょんぴょんとジャンプしながら、
私の投げるパンやチーズのかけらを口でキャッチしたものですが。


敵方?のカラスを牽制してか、
葉の茂った樹に身を隠すように、じっと留まっていました。


20130804 040 b
(7/13撮影 クリックで拡大します)



もしかしたら、

食べ物を上げることは、
私のひとりよがりだろうか…。
それが原因で、かあくんの孤立を招いているのだろうか。
それとも、単にタイミングの問題なのだろうか。


悩みつつ、暫く公園にいたのですが

日差しが急に強くなったので、
かあくんが体力を消耗しないよう、
早くねぐらに帰れるよう、
後ろ髪を引かれながら、帰宅することにしました。

「かあくん、もう帰るね。ばいばい」


公園に背を向けて、駅への道を歩き出した途端、

背後からバサバサと音を立てて、
翼がぼろぼろのカラスが私の頭上を飛んで行き、

少し前方の街灯に止まってこちらを見ています。



かあくんでした。


日よけがない街灯の上にいては、
暑いだろうに…
開いたままの口が渇いてしまうだろうに…


でも、かあくんはじっとそこに留まって
私を見送ってくれているようでした。

出会った頃と全く変わらない態度で…


ここ2年もの間、
会っていなかったというのに…

20130804 059 b
(本日撮影 クリックで拡大します)


駅に向かいながら、人目もはばからず、
泣いてしまいました。



ところで


忘れちゃいけない!

もるきちはすこぶる元気ですよ。

牧草(生・干)、レタス、胡瓜、ぶどう、もも、何でもよく食べます。

私の手から食べ物を引ったくり、
ケージ奥で尻を向けて食べ、
食後は床ワラを被って寝ています( ̄ー ̄;。

20130804 045 b

こら、もるきち。いい加減に懐けよヽ(`Д´)ノ 。


人気ブログランキングへ
今日も応援、ありがとう
スポンサーサイト
Page top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。